離婚 協議書作成 年金分割

離婚協議書作成 離婚に伴う年金分割 平日夜、土日祝日の相談もご遠慮なくどうぞ。

離婚協議書作成について、ご相談下さい。離婚に伴う年金分割を含め、行政書士、社労士の立場からサポートいたします。
離婚手続き 相談
スマホの方はこちらまでどうぞ。LinkIcon

僕もまた離婚経験者。19年目の破局。
離婚も悪くないものだと思う。すっきりしたからね。一方で、誰かと一緒に暮らすことって、意外と大事なことのような気もする。

離婚手続き 離婚協議書作成・年金分割につきご相談下さい。

俺たちはあの日滑り込んだ 頭から滑り込んだヤツもいた 眼鏡飛ばして
俺はその瞬間のことを子供にも話してやりたい 遠く離れているけれど

離婚手続き相談
まずはお電話、メールなどにてご連絡ください(電話での15分程度以内の初回相談は無料です)。
電話でのお問い合わせについては、平日夜(22時まで)、もしくは土日祝日でも可。携帯電話への直接のお電話もご遠慮なくどうぞ。

メールによるお問い合わせ、ご相談は下記までお願いします。
メールはこちらまでお願いします。メール sr@shi-bu.sakura.ne.jp

rikon.shi-bu.info(離婚協議書作成 年金分割) updated 2018-05-06


[業務については、行政書士業務、社会保険労務士業務の範囲内にて行います]

■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00)
■夜中の時間帯での相談も受け付けています。

僕もまた離婚経験者

僕自身も離婚経験者。依頼者、相談者の方からよく聞かれるのが「揉めませんでしたか?」といったご質問。揉めたか揉めなかったか、大きな関心のひとつのようです。仮に揉めなくても離婚はいろいろと面倒なもの。心よりサポートいたします。

離婚協議書 離婚に伴う年金分割

離婚に伴う年金分割は社会保険労務士へ


→当事務所では離婚協議書作成、公正証書作成手続、年金分割手続を一括にてサポートさせて頂きます。
※合意分割については、原則、離婚をした日などの翌日から2年を経過すると、請求ができなくなります(例外もあります)。

離婚に伴う年金分割について

(対象とならない場合、対象としない場合もあります)

→離婚に伴い、厚生年金の標準報酬を当事者間にて分割するものです。以下、2つの制度が定められています。

■合意分割制度(平成19年4月1日実施)
 当事者の合意または裁判手続により、年金分割の割合を定めます。なお、分割が可能な標準報酬は、婚姻期間中の当事者の厚生年金の標準報酬に限られます。

■3号分割制度(平成20年4月1日実施)
 平成20年4月1日以後、国民年金の第3号被保険者期間を有する場合、平成20年4月1日以後の相手方の厚生年金の標準報酬を2分の1ずつ、当事者間で分割することができます(合意を要するものではありません)。なお、3号分割制度の対象とならない婚姻期間中の厚生年金の標準報酬については、合意分割制度により、分割することができます。

※手続きにあたって事前に請求される年金分割の情報通知書において、第2号改定者の対象期間標準報酬総額については、3号分割制度によって自動的に分割されるものとする標準報酬が既に計上されています。


※当事務所にて、情報提供の請求(情報通知書を交付してもらいます)および年金分割の請求手続きについて、代理人として行うこともできます。詳細につき、ご相談下さい。

離婚に伴う年金分割 必要書類

1 標準報酬改定請求書(離婚時の年金分割の請求書)
2 請求者の年金手帳、国民年金手帳または基礎年金番号通知書
3 当事者の身分関係(婚姻期間など)を明らかにできる戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本)、当事者それぞれの戸籍の個人事項証明書(戸籍抄本)
4 請求日前1か月以内に作成された当事者(3号分割のみの場合は配偶者であった方)の生存を証明することができる書類(戸籍抄本・住民票など)※上記3の書類で確認できる場合は不要
5 本人確認書類(運転免許証など)
6 認印

(その他、追加資料を要する場合もあります)

離婚に伴う年金分割 情報提供請求書年金分割のための情報提供請求書
離婚に伴う年金分割 標準報酬改定請求書標準報酬改定請求書
離婚に伴う年金分割 標準報酬改定請求書標準報酬改定請求書